■DNS設定チェックツール(Web)の利用方法

株式会社 日本レジストリサービス
初版公開 2010年08月30日
最終更新 2011年06月14日
実施 2011年06月19日
変更履歴

1.はじめに

DNSはインターネットの根幹を支える重要な仕組みであり、DNSが正しく機能することは、インターネット全体の安定した運用のための要件の一つです。
本文書で説明するDNS設定チェックツールでは、DNSの設定内容をチェックすることができます。
また、DNSSECを導入した場合の設定内容も、DNS設定チェックツールにてチェックすることができます。

DNS設定チェックツールを利用して得た結果は、DNSの設定を適切に行うための参考情報としてご活用ください。

本文書ではDNS設定チェックツール(Web)<https://dnscheck.jp/>の利用方法を説明します。

2.利用方法と表示例

▼チェック方式

DNS設定チェックツール(Web)には、2通りのチェック方式があります。
入力画面1にて、チェック方式を選択することができます。

チェック方式 説明
現在のDNS設定内容をチェック ドメイン名の現在のDNS設定の適切さをチェックできます。
ネームサーバー設定の事前チェック ドメイン名にこれから設定しようとしているネームサーバー設定(ネームサーバーホスト、署名鍵)の適切さをチェックできます。



▼入力画面1

DNS設定をチェックするドメイン名を入力し、チェック方式を選択してください。

入力画面1

「現在のDNS設定内容をチェック」を選択した場合
    ⇒「検証」をクリックしてください(手順③~⑥は不要です)。結果表示画面が表示されます。

「ネームサーバー設定の事前チェック」を選択した場合
    ⇒入力画面2にてネームサーバーホスト(必須)、署名鍵(任意)を入力し、「検証」をクリックしてください(手順③~⑦)。


▼入力画面2
入力画面2




▼結果表示画面

DNS設定のチェック結果が表示されます。「DNS設定チェック結果一覧」と併せて内容をご確認ください。

※本ツールはDNS設定が正しいこと、あるいは誤りがあることを保証するものではありません。
 「本ツールでチェックしていない問題が発生している」
 「ネットワーク等の問題により正常にチェックを行えていない」
 などの場合があります。
※DNSの設定を変更する際には、十分にご注意ください。
※DNSの設定方法については一般の書籍等をご参照ください。


結果表示画面

注意事項


■■変更履歴■■

2011年01月16日 初版
2011年03月14日 注意事項に項目を追記、表現上の軽微な修正
2011年06月19日 わかりにくい説明や言い回しの修正、表記の統一

以上


Copyright© Japan Registry Services Co., Ltd.